水無料でレンタルできる水中デジタルカメラの撮影のコツ
  080-6480-0058
reservation@anemone-fish.net


石垣島のシュノーケリングツアー(ボート)

石垣島のシュノーケリングツアー(ビーチ)


シュノーケリング器材レンタル

石垣島のシュノーケリングビーチ案内

シュノーケリングスタッフ紹介

石垣島の熱帯魚






石垣島アネモネツアーのオススメするシュノーケリングツアーでは
水中デジタルカメラを無料でレンタルする事ができます(一台/1グループ)。
せっかく使えるカメラ、たくさん良い写真を撮って思い出に残しましょう。

陸上モードと水中モード 半押しで狙えるクマノミ近影 アングルを水平に
陸上モードと水中モード 半押しで狙えるクマノミ近影
波打ち際で寝転んで 動画撮影で動きのある思い出を

陸上モードと水中モード

レンタルしているデジカメには、陸上モードと水中モードがあります。
陸上モードのままで水中を撮ると、少し緑色が強いような写真になることがあります(写真左側)。
水中モードを利用すると写真の右側のような肉眼で見ている景色に近い色合いになります。
明るくカラフルな写真が撮れやすいので、水中は水中モードを、陸上は陸上モードを使い分けましょう。
トップへ戻る
クマノミは置きピンで撮る

クマノミのように狭い範囲をチョロチョロと動き回る魚は、「置きピン」で狙います。
「置きピン」は予めある場所にピントを合わせておいて、そこに被写体が入った瞬間にシャッターを切る方法です。

レンタルの水中デジカメは半押しでピントが固定されますので、イソギンチャクのある位置に半押しでピントを構え、
そこにクマノミが来たらシャッターを切ります。
シュノーケリングは身体が波で動きやすいので、ちょっと素潜りをして、岩につかまり身体を固定して撮影する必要があります。

クマノミや縄張りを持つ魚は一定の場所を動いている場合があるので、その場所を観察し、特定するのもコツです♪
トップへ戻る
被写体に対して水平にして写真を撮る

シュノーケリングをしているとついつい下方向にカメラを向けて写真を撮ってしまいがちですが、
覗かなくてもいいので、カメラを水平にして写真を撮ってみましょう。
魚の目線で撮れるので魚の表情が見えやすいですよ。
また景色の一部が青く抜ければ開放感のある写真になりやすいです。
トップへ戻る
波打ち際にも被写体はたくさん

石垣島のビーチではヤドカリや各種カニたちなどいろいろな被写体と出会えます。
また波自体もクローズアップして撮影すると迫力のある写真になりますよー。
ヤドカリたちはズームして遠くから撮ると背景がボケてやわらかい写真になりやすいです。
トップへ戻る
動画機能を駆使して撮る

デジタルカメラには動画の機能もついています。
動画をとる場合はなるべく揺れないようにして、ワイド側であまりカメラを振らずに撮るのがコツです。
カメラを動かさなくても魚たちが動いていて飽きない映像になりますし、
ズームを使うと手振れが酷くなり、見づらい映像になりやすいです。

上記の写真のリンク先の動画はレンタルのデジカメでシュノーケリングにて撮影したものです。
トップへ戻る

石垣島アネモネツアーシュノーケリングサービス(トップ) 石垣島シュノーケリングツアー無料レンタルデジカメの撮影のコツ
Copyright (C) 2013 Anemone Tour Snorkeling. All Rights Reserved.